CSR活動でリサイクルを行うとどんなメリットがあるの?

企業がCSR活動の一環としてリサイクルに取り組むメリット

どんなリサイクルが行われているのでしょうか?

いろいろなものがリサイクルされていることはわかりましたが、それぞれ集められたものはどのようにリサイクルされているのでしょうか? ここでは衣類やプラスチック製品のリサイクルについてまとめてみたいと思います。どちらも手に入れることが容易なものです。

企業がリサイクル活動を行うメリット

CSR活動の一つとして企業がリサイクル活動を行っていますが、これらを進めていくことで企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 慈善事業・ボランティア活動ではありませんので、何らかの意図があるわけです。企業がリサイクル活動を行っていると聞いたときに、あなたはどんなイメージをしますか?

CSR活動ってどんな活動?

今いろいろな企業でリサイクル活動を行っていますが、どのようなものがあるかご存知ですか? リサイクルというと、衣類や電池、プラスチックや古新聞のほか瓶や缶などすぐに思い浮かべることができます。けれども企業はどうしてリサイクル活動を行うのでしょうか?

なぜ今リサイクルなのか

CSRということばを聞いたことがありますか?
C:Corporate、S:Social、R:Responsibility、の頭文字をとりCSRとなり、企業の社会的責任という意味です。自分の会社の収益だけを追うのではなく、社会に対しての影響に対しても責任をもつことを指します。企業として環境活動や寄付活動、といった社会貢献活動をおこないます。
ステークホルダーと呼ばれる企業から見た利害関係者がいますが、ステークホルダーに対して企業は信頼を得ながら誠実に事業を展開していかなくてはいけません。つまりステークホルダーとの信頼関係を築くことは、企業にとってとても大切なことなのです。このステークホルダーとの関係が良好であれば、企業の活動を理解されやすかったり、支持や評価も得られやすいといえます。
ただ、社会貢献活動といってもこれは決してボランティアということではありません。慈善事業でもないことを知っておく必要があります。
CSR活動は企業の利益をあげ、法令を守り活動を行うということをベースとして、安心安全な商品やサービスを提供したり、環境への取り組み、人権の尊重、などを含んでいます。
具体的には多くの企業で行われているCSR活動として、(1)環境へ配慮した商品開発・生産、(2)地域社会への参加、(3)ボランティア活動などの社会貢献、が大きなものとなっています。
これらは企業によって少しずつ異なり、見比べてみるとそれぞれの企業の特徴がよく表れていたりします。